■プロフィール

ぴー

Author:ぴー
タイトルは「されたことには倍返し」の意・・・・!?いやいや、そんな物騒ではなく癒し系を目指してます・・?(笑)

■最新記事
■最新コメント
■リンク
■検索フォーム

■FC2カウンター

みなさまようこそ!

■月別アーカイブ

高校野球
夏の甲子園大会の東京都大会が始まりました。
その開会式を見に行くチャンスがあり、
神宮球場へ行ってきました。

東京都は東東京大会と西東京大会に分かれてそれぞれ代表を決めます。
東137校、西128校
1回戦から登場する学校は、優勝するまでに8試合。

開会式は東西合同で行います。
計265校が横一線に並んだ様子に、
グッとくるものがあります。

自分が高校卒業後数年は、
高校野球の新聞記事にも自分を重ねて反応し、なぜか涙がでていました。
だから、しばらくの間、あえて遠ざけていた気がします。
さすがに今は新聞を読んでも泣かなくなりました。

でも、テレビでの甲子園は毎年見ていますが、
球場で、じかに高校野球をみるのは初めてでした。

やはり、心が反応してしまった。

当時の、可能な限りのすべてをかけてテニスをしていた ということが思い出されて
泣けてしまいました。

ちょっと恥ずかしい。
そういう時代もあったね。

「可能な限りのすべてをかけて」っていうのも、
最後は勝てなかったから、
本当は「可能な限りのすべてをかけて」いなかったのかもしれないな。

最後まで負けないのはたった1校、そのチームのみ。

優勝したチームは、「敗戦」を経験せずに終わる。
優勝の喜びも、人生の中では大きいことだけれど、
案外、「敗戦」の経験のほうが、大切なこと なのかもしれない。
「敗戦」を経験できなかったチームは、実は人生経験上はかわいそうなのかも。
30年以上たって、なんとなくそう思う。

やはり負け惜しみかな。

未分類 | 00:48:29 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
最後にちょこっと勝った。
そうですね。敗戦を経験するか、、、。
私の場合、生涯の対戦成績なんぞ、敗戦ばかり。インハイ予選の時、団体、個人で、ちょこっと勝ったもので、田舎の高校始まって以来とか、インハイ出場とかのステイタスがついてしまいました。
高校野球は、時々見にゆきます。チームの総合力とか、集中力とか、苦手な投手にだんだんと慣れて、最後に逆転とか、、劇的な部分が好きですね。
野球とソフトテニスは、負けるに至る原因が、個人とかチーム組織全体とか、違いがあって、ソフトテニスは個人の色合いが濃いですね。
2016-07-03 日 22:40:00 | URL | あ、ごい! [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad