■プロフィール

ぴー

Author:ぴー
タイトルは「されたことには倍返し」の意・・・・!?いやいや、そんな物騒ではなく癒し系を目指してます・・?(笑)

■最新記事
■最新コメント
■リンク
■検索フォーム

■FC2カウンター

みなさまようこそ!

■月別アーカイブ

結果がでないのは・・
人として時を重ねてくると、
だんだん物事に動じなくなってきます。

それは、いわゆる「大人になった」
ということなのでしょうが、

物事を考えなくなった
(無意識のうちに触れないことを覚えた)
ということなのか、

あるいは、
本当に心が強くなった
(多少のことは受け止められる柔軟さがでてきた)
ということか、どちらかだと思います。

自分は後者でありたいと思います。
心を震わせるようなことがあったときに、
素直に感じて受け止めたい。
その繊細な部分を大切にしたいのです。

ほんとうの心を強く育てること
(先輩で、「心を耕す」 という言葉を使った人がいます)
を、常に意識していたい。
それは、人生の折り返し点を充分通り越した私でも、
課題となっています。

テニスの試合をするうえでは、
技術はもちろんですが、
心も含めた自分自身をすべてコートで出さないと
(表現しないと)
よい結果にはならないと思うのです。

何も考えないゆえの、動じない心では
自分を表現したことにはなりません。
心根(こころね)の部分を鍛えなくては、
望む結果は出ないと思うのです。

テニスは頭と足でするものだと、
昔、恩師に教わりました。
頭と足と、それに自分の心を重ねれば、
私の表現は完成します。

結果が出ないときは、
何が足りないのか。
その答えはもう出ているように思います。

未分類 | 00:48:48 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
目を離すな!
 ソフトテニスの指導でよく使う言葉、ボールから目を離すな!

でも、これ単に目を離すなではなく、目を離すわけないのに、言われますね。すぐ近くに、ソフトテニスで70歳を超えた女性で、インハイ、国体ともに2回出たというおばあちゃん(高校先輩)がいます。

話す機会があり、それが話題になりました。

結論は、見ながら、同時にいくつもの動作と意識をすることができるのがスポーツだ、ということ。また、それの速さを増したり、力強さを作るのが練習である。

そういえば例えば、本を読むという動作は、基本的に本を読むしか、しないですね。

ピーさんの書き込みを読んで、先日のやりとりを思い出しました。

さて、今夜は例会。月1で、普段は45分のゲーム時間を90分やります。さてうまく行くかな。

 そうそう、姪が、高1ながらインハイ(福岡県久留米市)に出ることになりました。残念ながらバレーボールです。東京調布市から愛知県にバレーボール留学しています。応援に行く予定です。(岡崎女子高)




 
2013-05-29 水 08:34:24 | URL | あ、ごい! [編集]
あ、ごいさんへ
コメントありがとうございます。

姪御さん、1年生ですごいですね。
ご活躍を期待します!
2013-06-01 土 00:19:22 | URL | ぴー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad