■プロフィール

ぴー

Author:ぴー
タイトルは「されたことには倍返し」の意・・・・!?いやいや、そんな物騒ではなく癒し系を目指してます・・?(笑)

■最新記事
■最新コメント
■リンク
■検索フォーム

■FC2カウンター

みなさまようこそ!

■月別アーカイブ

ア、ゴイさんの全日本選手権観戦記-その2
ア、ゴイさん(「、」にも意味があるようです)の
観戦記第2回がコメント欄に書き込まれました。
ア、ゴイさん、ありがとうございます!

せっかくの観戦記ですので、あらたに本文記事としてアップします。

ア、ゴイさんは熊本県のかたです。
また、確かジュニアの指導にも関わっておられるので、
熊本出身の若い選手のことはよくご存知ですし、
応援もしていらっしゃる様子が、文面からもよくわかります。

*********************************************************************

全日本その2

 YH(ユースホステル)の食堂で高校の引率の先生に声をかけると、
大阪淀の水の総監督の先生だった。インターハイ8本の宮下足高ペアを引率。
 熊本の中央女子と長くライバル関係であったためか、
中央の元監督安達先生の話がはずんだ。名刺を交換する。
 
 さて会場へ。

 すぐにプログラムを買う(500円)。目当ての選手を探す。

 岩手代表の伊東女鹿ペアは、1回戦から。

 宮下足高ペアは2回戦から。第3シード逢野海江田ペア
(NTTドコモ四国、ヨネックス)と3回戦で会う。

 長、緒方ペア(ヨネックス)はシードなしの1回戦から。

 熊本出身の北選手(九産大)を見つけ声をかける。
「インカレ準優勝おめでとう!よかったね。」
「はい、リードしたけどひっくりかえされちゃって、、、。」
「色が白いなあ、夜練習してんのか?」
「いや、8月インカレ以来練習してないんですよお、、、。」

 長緒方ペア、さっそく1回戦。相手は高校生、まったく相手に
ならずと言いたいところだが、両人とも調子が出ない。
緒方選手は両足にテーピング、よく見ると右手にもテーピング。

 緒方選手1セット目から、自分の調子を上げるためか、仕掛けが早い。
いつもなら、3セット目ぐらいから積極的になるのだが、、、、。
でも、2セットとられる。ゲーム展開はもたもたという感じ。

 北選手ペアも、大阪淀の水の選手ペアも1日目の最終戦だった。

 北選手、練習不足を露呈しながら展開。思い余って熊本天草の母親に
試合中に電話「娘が負けそうだよ、ガンバレーと怒鳴ってくれ!」
いきなり携帯に普段交流のない私から電話なので面喰っていたが、

「ガンバレー!!!」

これが功を奏したか、何とかファイナルに追い付き、勝利。

そのあと母親と改めて報告兼ねて、ゆっくり話す。

宮下足高ペアは、実業団のペアと。足高選手は大柄、
175cmはあるんじゃないか、宮下選手も165cmぐらいなので、
二人でコートに立つと、コートが狭く見える。

さすが名門校、それにインハイの優勝候補だったそうで、圧倒する。
うまいし早いし迫力満点。すでに大学進学先も決まっている模様。
5-0の勝利。

夜食事のとき、足高選手に、「あなた、大学時代の海江田選手にそっくりだよ。」
と言うと、恥ずかしそうに
「あれ、そうですかあ、まさかあ、そんなあ、明日、対戦するんですよ。」

つづく。

*********************************************************************

つづく。

・・・とあります。
ものすごく続きが楽しみです。

高校生の宮下・足高ペア、
ベテラン(といっていいですよね)の
逢野・海江田ペアに、どうチャレンジしたのでしょうか。

長・緒方ペアも、なんだかんだといって
最後は確か8本まで勝ち進んだのでしたよね。
どのような2日目の様子だったのでしょう。

ア、ゴイさん、
ムリせず、お時間のあるときでOKですので、
続きをお願いします・・・・。


未分類 | 22:36:55 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
全日本その3
 私の紹介にジュニアの指導とありましたが、横で見ているだけです。
 今は正式には、町の総合スポーツクラブ組織の一般ソフトテニスクラブの指導員です。ソフトテニスの会員は12名程度。週1回水曜日が例会日。昨夜は7名が参加。

 さて、その指導を他にもう一人に頼んで出かけた、9日間の四国旅行。
メインは松山の孫二人の保育園運動会観戦。中間は龍馬関係の見学、そして最後は徳島全日本というわけです。

 全日本2日目です。土曜日とあって、続々と観戦応援者が到着。
私どもは、会場に泊り込んでいる気分。試合開始前の雰囲気を味わうために30分前に会場へ。

 3回戦から、まず長、緒方ペア、京都ワタキューセイモアの宮崎古賀ペアと対戦。今日は調子はどうかな?
 相変わらず、緒方選手両足、右手にテーピング。痛々しい。(もしかしたら偽装かー笑)

 なんとなく、もたもた。でも動きは速く、やや調子の出ない長選手のカバーが出来ている。でも長選手の目の覚めるようなバックストロークやら、とうとう出た緒方選手の「おうりゃー!」(肥後弁のアクセント付き)
 長選手もときどきであるが、びっくりするような大声を出し、プレーする。二人は何かを期しているような入魂のプレー。
 でも、2セット取られ、崩れはしないかとひやひや。勝利。

 続いて、九産大の神谷、北ペア、これははっきり応援。
 相手が阿波銀行中川近藤ペア。中川さんは、ミスソフトテニスで、おきれいな方、という訳で、地元の応援団が鈴なり。
 でも、ミスと言うのはいかんな。ミス→失敗ソフトテニス、とイメージしてしまう(笑)。
 つい、中川さんを観てしまうが、面白いバックスイングをする。引いたとき、力を抜くのか、一瞬ラケットが下がる。それでも若い若い大学生相手にひょうひょうとし合う。前衛とのバランスがよく、まさにミスも多かったが勝利(いつの間にか相手を応援していた)。

つづく。
2010-10-21 木 06:54:45 | URL | ア、ゴイ [編集]
ア、ゴイさんへ
その3、ありがとうございます。
新たに本文記事としてアップしますね!
2010-10-21 木 23:10:13 | URL | ぴー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad