■プロフィール

ぴー

Author:ぴー
タイトルは「されたことには倍返し」の意・・・・!?いやいや、そんな物騒ではなく癒し系を目指してます・・?(笑)

■最新記事
■最新コメント
■リンク
■検索フォーム

■FC2カウンター

みなさまようこそ!

■月別アーカイブ

地元の秋季団体戦
10月9日は、午後から雨がしっかり降りました。
翌10日も、朝起きたら雨です。

都内の各地で行われたいろいろな試合の中では、
延期になったものもあるようでしたが、
私が参加することになっていた試合は、
朝の時点で延期の決定が出ませんでした。

受付時間ころには雨もあがる気配をみせていたのですが、
時間通りに全員集合したチームはもしかしたらなかったかもしれません。
(若者チームがひとつ、早くから来ていました)

主催者側とそれぞれの独自のパイプで連絡をとり、
様子を見ながら・・・というチームが多かったようです。

その後雨もあがり、時間を遅らせての開催となりましたが、
このようなときの対処のしかたはほんとうに難しいですね。

中止や延期の決定がなされ、おおやけに、公平な一律の発表があり、
その正確な情報を得るまでは
「うだうだ言わずに現地に来い!」
ってことにするしかないのではないかと思います。

試合で、正審が アウト といわない限りはアウトではないように、
主催者が正式に 「延期」 、とか、「何時受付に変更(待機)」 なとど
発表しない限りは開催要項どおりのはずです。


逆に、主催者はその都度、適切な判断をし、情報を発信することが必須になります。
これは非常に難しいと思います。

天気の具合によっては、本日は中止! という決定を
前日のうちに行う場合もあるでしょうし、
朝早い段階で行う場合もあるでしょう。
現地のテニスコート側と協議が必要な場合もあるかもしれません。

また情報発信の方法も、電話連絡だけではなく、
不公平のない形でのネットやメールの活用も考えていく必要があると思います。
( 少なくとも、開催の可能性が全くなく「延期」の連絡のためだけに
  現地に集合させるのはなくしたいものです・・・)


そのあたりは、主催者が誠実に行なっていただけるものと信頼し、
参加者はその指示に素直にしたがう。文句を言ったりしない。
ということもひとつのマナーだと思います。


今回、私が参加した地元の試合は、
受付時間が2時間ほど変更になりました。
その連絡等はうまく行なわれたのではないかと思います。
見事に変更後の時間には、(棄権チームもありましたが)
ほとんどのチームが参集し無事に試合が始まったのでした。


今回、東京選手権の一般女子と日程が重なったこともあり、
対戦相手にピチピチの若者はいませんでした。
しかし、実力者揃いの熟女(?)チームがひとつあるので、
対戦がとても楽しみでした。

そうしたら、なんと、今回はその熟女チームに成年でランキングのつく
超大物が出てきました

誰が当たるかなーなんて人ごとのようにしていたら、
私たちペアと対戦することになってしまいました。
その大物さん、シュートも打ち分けられるし、タイミングも早い。
おまけに前衛をよくみてロブも打てます。自由自在。
普通のおかあさん選手とはまったく違います。
もう自由に打たれてしまいました。
1本だけサイドパスをバックボレーで止めたのが、
唯一の花丸かな。

いやー、本当はこのタイミングでプレーしないとね っていう
いい経験になりました。

なんと、私たちペア以外の2ペアが勝ってくれて、
事実上の決勝は2-1で私たちチームが勝ち、
おかげさまで春に続き、優勝できましたとさ。

ありがたやありがたや。やはり団体戦はいいですねぇ

次回も、また自分自身も、
これからますます頑張ろうと思えた一日でした。
未分類 | 22:55:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad