■プロフィール

ぴー

Author:ぴー
タイトルは「されたことには倍返し」の意・・・・!?いやいや、そんな物騒ではなく癒し系を目指してます・・?(笑)

■最新記事
■最新コメント
■リンク
■検索フォーム

■FC2カウンター

みなさまようこそ!

■月別アーカイブ

チャレンジ後-その3 すばらしい選手たち
こんにちは。

 大会終了後の余韻というか、大会そのものが私の琴線を刺激したというか、
少々いまでもナーバスぎみのぴーです。


 今回は、日程的にも、それから当日のスケジュールでも、
選手のみなさんには、たいへんな負担をお願いすることとなっていましました。
決して当初から意図したことではないのですが、
結果的にそうなってしまったこと、深く反省しなければいけないと思いました。
 
 1F担当スタッフに人数を多くさけなかったこともあり、(いや、これは私の気の回し方が足りなさすぎたのですが)
選手控え室に専従スタッフをおけなかったので、選手のみなさんには細かいところまで
行き届かずにご迷惑をおかけしたと思います。


 それでも、選手のみなさんはほんとうに積極的に参加してくださいました。
前日から寝不足(なんでかな~ 笑)のかたもおられたと聞いていましたが、
そんなことはコート上はではまったく見せず(?)
めいっぱいのパフォーマンスを見せていたと思います。

 思います・・・というのは、実はぴーは裏でバタバタしていて、
フロアの様子はほとんど音声のみで推し測ることしかできませんでした。
ああ、全部見たかった!


 午前中の試合が熱戦で時間が押したため、選手のみなさんは昼食の時間もそこそこに
レッスン会やサイン会に出動していただくこととなりました。

 そこでも熱心な指導と、ひとりひとりに丁寧にサインをする選手たち。

みなさんそれぞれに印象深い点があるのですが、特に、

熊本へ向かうタクシーの時間があり、「もう時間ですね」と、サインを求める中学生の列を止めようとした私に、
「わしには時間がないんじゃ~」といいながらも「あと5分!」と声をかけた中堀さん。

打ち上げの席でも手伝いの学生たちにきさくに声をかけていた緒方さん。

そして、恐縮しながら話を聞いている学生に対して、その大きな身体を直角にまげて
挨拶していた高川さん。

 書けばキリがないのですが、選手はみなさん丁寧で、紳士・淑女で、すてきな人ばかりでした。
それを思い返すと今でもうるうるしてくるぴーでございます。


 そのような立派な選手たちだからこそ、勝負にも強いといえるのかもしれません。
今回の経験が、単に選手たちを疲弊させるだけではなく、
選手たちにも何かプラスになることがあったのならば、嬉しく思うのですが、果たしてどうだったでしょうか・・・。


未分類 | 14:51:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad