■プロフィール

ぴー

Author:ぴー
タイトルは「されたことには倍返し」の意・・・・!?いやいや、そんな物騒ではなく癒し系を目指してます・・?(笑)

■最新記事
■最新コメント
■リンク
■検索フォーム

■FC2カウンター

みなさまようこそ!

■月別アーカイブ

東京選手権
そういえば、全日本シニアの総括がまだですが、
東京選手権の一部結果を記します。

<女子 シニア45>

優勝 山本 有美(杉並文化クラブ)・渡邉 扶佐子(BLUE TAKAX)ペア
準優勝 金井 菊栄・小澤 瑞恵(朝日生命クラブ)ペア
3位 村岡 恵子(杉並文化クラブ)・菊 直子(武蔵村山STA)ペア
3位 益子 安代(昭島クラブ)・小玉 直子(青梅ヤング)

※関東や東日本を獲ったことがある山本選手、実は東京選手権は初優勝。
同世代にライバルがひしめく中とはいえ、これまで獲れていないのが不思議でした。
マスターズに続き、2週連続優勝です。

<女子 シニア50>

優勝 宮路 富江・四位 良子(NIKON)ペア
準優勝 渡辺 清美(常磐クラブ)・大野 真紀(青梅支部)ペア
3位 内田 加奈子・林 昌江(朝日生命クラブ)ペア
3位 織原 真由美(東京アーデル)・建部 三和子(朝日生命クラブ)ペア

※決勝は宮路ペアの気迫が勝ったものの、準優勝の渡辺ペア、
第2シード、この世代の「顔」と言える近藤・落合ペアのブロックからの勝ち上がり。
近藤ペアをファイナルで押し、準決勝でも同じくこの世代の「顔」、織原ペアもファイナルで下しました。
本日の「顔」は、渡辺ペアだったと思います。
とにかく、渡辺選手、ラケットが迷いなくよく振れていて、押し込むボールに乗って
大野選手がよくボレーを抑えました。

それに勝る宮路選手の気持ちの強さ。厳しい場面でもへこむことなくガマンしました。
四位選手、自分側のコート半分のカバーは秀逸でした。
自分のほうにもってくるバックボレーをいくつも抑え、
後衛同士の勝負に持ち込みます。
最後は、満を持してのストレートポーチ。お見事でした。


私も出てたですよ。一応。
この試合は大切にしたい試合なので、
それなりに準備してのぞんだつもりでしたが、
まだまだ、甘いですね。
遊びじゃないぞ。

未分類 | 00:03:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad