■プロフィール

ぴー

Author:ぴー
タイトルは「されたことには倍返し」の意・・・・!?いやいや、そんな物騒ではなく癒し系を目指してます・・?(笑)

■最新記事
■最新コメント
■リンク
■検索フォーム

■FC2カウンター

みなさまようこそ!

■月別アーカイブ

文大杉並国体優勝祝賀会
母校・文大杉並高校にて、国体優勝の祝賀会が開催されました。
来賓のみなさま、お世話になった方々、
父兄の方、そして卒業生。
多くが集まり、監督・コーチ・現役生徒たちの活躍を称えました。

私も卒業生のひとりとして、こっそり(笑)参加。
私の前後の学年が結構集まっていて、卒業以来30年振りの懐かしい顔とも再会できました。

私が現役だった時代は学校そのものが若く、
テニス部もやっと、東京の外へ進出するぞ!という時期でした。
関東大会で団体初優勝したのは私が高2のとき。
初めて全国制覇をしたのは高3にあがる直前の選抜でした。

それ以来の2度目の日本一。
しかも、ギリギリの試合ばかりをよく乗り切ったと思います・・・。



2度目の日本一になるまでに、31年かかっているわけですが、
その間、ほぼずっと、母校はトップレベルを維持してきました。
こんなに長く、高いレベルを維持している学校はそうそうありません。
監督・コーチ・関係者のみなさまの並々ならぬご尽力があったものと思います。
松谷監督、野口監督。
そして、関わってくださった多くの先生・コーチのみなさまに敬意を表したいと思います。


30年の間には、東京で勝てなかった年もありましたが、
それでも、後輩たちは上級生から受け継いだその伝統を
脈々と引き継ぎ続け、今にいたっています。

私たちOGが、「文大杉並でソフトテニスをやっていました」と
声を大にして言えるのは、
こうして後輩たちが頑張っているからです。
心から、感謝したいと思います。

選抜、国体と勝ったならば、
次はインターハイの団体を獲るのが目標となりましょうか。
おそらく今度は30年という時間はかからないと思います。
早いうちにぜひ優勝旗を見たいものです。

ちなみに30年前も、岐阜県の大垣開催の選抜でした。
岐阜県は吉?岐阜インハイはいつかしら・・・?


画像を撮ればよかったと、あとから気づきました。
ブロガー失格です(笑)

未分類 | 01:04:59 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad