■プロフィール

ぴー

Author:ぴー
タイトルは「されたことには倍返し」の意・・・・!?いやいや、そんな物騒ではなく癒し系を目指してます・・?(笑)

■最新記事
■最新コメント
■リンク
■検索フォーム

■FC2カウンター

みなさまようこそ!

■月別アーカイブ

真夏の激闘(生涯スポーツ大会)
高校野球は沖縄の興南高校が
春夏連覇をみごとに成し遂げました。
選手のみなさんや関係者のみなさんには
心から祝福を送りたいと思います。

4028校の頂点に立ったとのことなのですが、
その新聞記事を読んだだけでも、
感動の鳥肌がたつような、
不思議な感覚になります。
同時に、敗れていった4027校にも、
それぞれにこの夏、ドラマがあったのだろうと思います。

ところで、インターハイソフトテニス団体戦の優勝校は、
果たして全国何校の頂点に立ったのでしょうか。
各都道府県の予選参加校数は、
高校野球よりは多いような気もしますが・・・。



甲子園で決勝が行われていたちょうどそのとき、
私は炎天下のテニスコートにいました。
45歳以上の選手でチームを組む
生涯スポーツ大会ソフトテニスの部に参加していました。

60歳、70歳の選手もいるこの大会を
真夏に行うのはどうなのかな~・・・と思いましたが、
なんのなんの、みなさんお元気で、
1日4試合をこなしたのでした。

まだまだ自分のテニスの未熟さを痛感した一日でした。
普通のプレーヤーが、でもソフトテニスをほんとうに熱心に愛好している
プレーヤーが世の中にはたくさんいる!  との思いをさらに強くしました。
いわゆるトッププレーヤーという人たちとは
プレーも、ソフトテニスに対するスタンスも全く異なるのですが、
でも、いま私が目の前にしている人たちが
ソフトテニスを真に支えている人たちなのではないかという
気がしています。

いや、ほんとうはどちらが・・・というのではなく、
プレーヤー全員がそれぞれの立場でソフトテニスを支えている
貴重な人材なはずです。

そんな思いを痛感した一日でした。

試合のほうは、混戦の初日リーグでしたが、
痛恨の1敗があり、うちのチームは2日目の決勝リーグに出られませんでした。
来年、また選手に選ばれたら今度は頑張るぞ。


---2日目に残った8チームをご紹介します---
(2日目の結果、どこが優勝したかなどは不明です。ごめんなさい)

平成22年度都民生涯スポーツ大会 ソフトテニス競技
市区町村対抗3ペア団体
  1対戦 男子45歳以上
  2対戦 女子45歳以上
  3対戦 60歳以上の男子/50歳以上女子/
      60歳以上男子と50歳以上の女子ミックスのいずれか

1次リーグ勝ち上がりチーム
  中野区、文京区、品川区、江東区、
  足立区、渋谷区、東久留米市、昭島市

未分類 | 22:05:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad