■プロフィール

ぴー

Author:ぴー
タイトルは「されたことには倍返し」の意・・・・!?いやいや、そんな物騒ではなく癒し系を目指してます・・?(笑)

■最新記事
■最新コメント
■リンク
■検索フォーム

■FC2カウンター

みなさまようこそ!

■月別アーカイブ

ほめられるとうれしい
最近は、ほめてくれる人がいなくなった。
テニスでも、仕事でも。

年齢があがっているから、しかたないのはわかっている。

でも、先日、テニスでほめられたことがあって、
とてもうれしかったな。
やはり、ほめられる、肯定されると、うれしいものです。

甘いといわれるかもしれないけど、
やはり、良い気分でテニスしたい。
欠点の指摘も必要だけど、
長所をほめることも効果は高いと思う。

そのバランスと、伝えかた。
難しいな。

未分類 | 00:37:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
関東選手権 50女子
関東選手権@小瀬スポーツ公園コート

優勝 山本・福士ペア(東京・杉並文化クラブ/東京・ミドウクラブ)
2位  白井・藤巻ペア(東京・NIKON/東京・多摩クラブ)
3位  村岡・佐野ペア(東京・杉並文化クラブ)
3位  宮路・四位ペア(東京・NIKON)

ベスト4 東京独占。

あたしは、何をしに行ったんだか。


未分類 | 00:37:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
王者の振る舞い
日大アメフト部の悪質タックルの件は、
きっとほんとに多くの人たちが、ブロクなどに書いているのだろうな。

選手が会見すると情報が流れた時に、
まずは、選手が会見していいのか って思った。
案の定、選手が(しかも4年生ではなくて20歳だった)顔も名前も出していて、
部のサポートも、大学側のサポートもなかった。

誰も守ってあげないのか。

でも、記者クラブで会見するって、それは大きなたいへんなこと。
それを仕切っている人がいるんだろうな。
たぶん、OBのマスコミの人なんだろうけど、
どうかその人が、その選手に寄り添っていてくれていますように。

日大フェニックスって、確かに昔、すごく強かった記憶がある。
伝統ある部なんだろうに。

そういえば、ソフトテニスだって、以前は日大、すっごく強かった。
規律正しい、由緒ある部だった(ように見えた)

本当に強くて、伝統のある組織だったら、
勝つためには手段を選ばない なんていう戦略はとらない。
まんなかの王道を進むはず。
姑息な手段を使うなんてありえない。
そのプライドを忘れてしまっている。
そんな振る舞いは王者ではない。


相撲部、ゴルフ部など、「以前は」強かった っていう部が多い。

いまは、運動部にチカラを入れていないと聞いたことがある。

どうしちゃったんだ、日大。

未分類 | 00:27:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
本年も始まりました。
2018年度シーズンも始まり、もうゴールデンウイークが近づいています。
は、はやい。。。

自分のテニスがあまりできていない。
地元の試合には出ているけれど、それは本部進行の仕事をしながらだから、
なかなか自分のプレーのことだけ考えているわけにはいかないですし。

それでも、反省点と課題がたくさん。
少しずつクリアしていかないと。

まわりの前衛さんたちが、とても上手だなぁと思う。
そう見える。
自分は全然足りないなぁ。

結局、勝てないと先に進めない。
自信がないまま、また、負けて終わる。
勝ててくれば、自信にもなるし、
勝ててくれば、モノが言えるようになってくる。
結局、強いもんのチカラで世の中がまわっていく。
ひと握りの人たちで世界がまわっていく。
そっちの人たちにはなれそうもないけど、
なりたいという気持ちにもなれない。
これ、テニスだけじゃないな。

いろいろあるけど、
テニスは好きだし、もっと自由に前衛したい。


未分類 | 00:53:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
23年
地下鉄サリン事件からもう23年たつのだという。
当時、私も丸の内線で通勤していた。
新宿から赤坂見附、銀座線に乗り換えて虎ノ門まで。

8時10分頃に事件は発生したが、私が新宿駅についた
8時35分頃には、まだ丸の内線は動いていた。
でも、霞ヶ関駅でガスが発生しているので、通過する ということだった。
車内放送でそれを聞いたときは、
こんな大変な事件だとは少しも思わなかった。
時間がずれていたら、私もその電車に乗っていたのかもしれなかった。

いまは、誰もそんな悪事を働く人がいるなんて思わずに、
人ごみの中を歩いているけど、
大勢の人がいるなかで、悪意をもった人が、何かをしたら と考えると、
街を歩くことも恐ろしい。

そんな悪意をもった人がいるはずがないと、
勝手に思いこんで歩いているけれど。

あれから23年という時間がたっていることに気づくと、
そちらのほうが恐ろしいな。
この23年、私は何をしてきたのか。

未分類 | 00:12:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad